緊急時の対応について

警報等発表時の児童生徒の登下校について(H31.4.1変更)

                                                                             半田市教育委員会

1 「暴風警報」または「暴風雪警報」が半田市に発表された場合
(1) 登校前
   ※登校前に警報が発表されている場合は、登校しません。

・ 午前6時30分以降に、警報が解除された場合は、学校は休校です。

 (午前6時30分ちょうども含めます。)

・ 午前6時30分になる前に警報が解除された場合は、平常通りの授業を行いま  
  す。
給食もあります。

 ただし、登校が危険と保護者が判断された場合は、登校を見合わせ、安全が確認
 されたら登校させてください。

(2)登下校中
  個人の判断で帰宅するか登校するか(学校に戻るか)を選びます。生徒が学校
  に来た場合は、「(3)登校後」と同じ対応をします。

(3) 登校後

 ① 安全に帰宅できると判断した場合には、速やかに下校させます。

 ② 下校が危険と判断した場合は、安全に帰宅できると判断するまで、校内の安 
   全な場所に待機させます。

2 「特別警報」が半田市を含むエリアに発表された場合

 ※「特別警報」は、警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表されます。「○○特別警報」という名称で発表するのは、大雨、暴風、高潮、波浪、大雪、暴風雪の6種類です。(気象庁HPより)

(1)登校前

  登校しません。

(2)登下校中

   個人の判断で帰宅するか登校するか(学校に戻るか)を選びます。生徒が学校
   に来た場合は、「(3)登校後」と同じ対応をします。

(3) 登校後

  ① 直ちに授業を中止し、安全に帰宅できると判断するまで、学校または避難場
  所に待機させます。

 ② 警報解除後、安全に帰宅できると判断した場合には、小学校は通学団で、中学
    校は地区ごとに下校させます。

3 「大雨・洪水警報」または「大雪警報」が半田市に発表された場合

(1) 登校前

   基本的には登校しますが、登校が危険と保護者が判断された場合は、登校を見
   合わせ、安全が確認されたら登校させてください。

(2)登下校中

     個人の判断で帰宅するか登校するか(学校に戻るか)を選びます。生徒が学校
  に来た場合は、「(3)登校後」と同じ対応をします。

(3) 登校後

   ① 気象状況や通学路の状況等から判断し、授業を中止して速やかに下校させ
       ることもあります。

  ② 下校が危険と判断した場合は、安全に帰宅できると判断するまで、校内の安
       全な場所に待機させます。

4 「雷注意報」が半田市に発表された場合、または雷が発生している場合 

(1) 登校前

   基本的には登校しますが、登校が危険と保護者が判断された場合は、登校を見
    合わせ、安全が確認されたら登校させてください。

(2) 登下校中

   通学団班長・個人が危険と判断したら、近くの民家など安全な場所に避難さ 
  せてもらいます。

(3) 登校後

  ① 安全に配慮しながら、屋内で授業を行います。

  ② 下校が危険と判断した場合は、安全に帰宅できると判断するまで、校内に待
      機させます。

5 「津波警報」または「大津波警報」が半田市に発表された場合

(1) 登校前

  ① 登校しません。高台などの安全な場所へ避難してください。

  ② 被害がなく解除された場合は、1「暴風警報」または「暴風雪警報」が半田
    市に発表された場合
の対応と同じです。

(2)登下校中

  通学団班長・個人の判断で高台などの安全な場所へ避難します。

     ※ 震源が海岸に近い地点である場合、揺れが収まらないうちに津波が到達する場
         合や津波の情報が十分に行き渡らない場合もあります。海岸に近く、標高の低い
         学校では、揺れを感じたら津波警報の発表を待つことなく、安全な高台に避難して
         ください。

(3) 登校後

 ① 速やかに安全な場所へ避難させます。

 ② 警報解除及び帰宅路等の安全が確認できるまでは、学校または避難場所に待機さ
       せます。

  ③ 児童生徒の帰宅については、学校及び避難場所からの引き渡しを原則としますが、
        安全が確認できる場合は、教員が引率して集団下校させることもあります。

6 愛知県内にJアラートによるミサイル発射情報が発信された場合の対応につい
  て

(1) 登校前、家にいる場合

  ① 登校を止め、身を守る行動をとらせてください。

  ② 情報収集に努め、政府からの指示があればそれに従ってください。

  ③ 安全が確認されたら、登校させてください。

(2) 登下校中

  ① 近隣の建物など屋内に避難します。

  ② 建物がない場合、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ります。

(3) 登校後

  ① 直ちに授業を中止し、屋内で身を守る行動をとらせます。

  ② 安全が確認されたら、授業を再開します。

   ※ミサイルだけでなく、その他計24項目の情報についてJアラートが発信さ
     れます。詳しくは、「総務省 消防庁のHP」-「国民保護」-「全国瞬時
     警報システム業務規程」にあります。